【公式】Rep
account_circle

皆さんご存知の通りTOEICなどの資格試験を含めた英語学習全般において語彙力強化は必須ですが、語彙の総数を日々増やしていくことに加えてそれぞれの単語をより深く理解することも大切です。
特にTOEICを受験されている方でPart 5~7の語彙問題で伸び悩みを感じている中~上級者にとって語彙知識の浅さが原因となっている場合は非常に多いです。
この記事ではそのような方々が語彙知識を深めて正確にスピーディにそういった問題の解答を行っていくための学習に役立つWebサイトをご紹介します。

英辞郎 on the WEB

言わずと知れたオンライン英和・和英辞書の代表格ですね。筆者もほぼ10年ぐらい(商社勤務→アメリカ大学院留学→英語講師)を通して毎日のように使い続けています。
辞書機能はもちろん、なんといっても圧倒的な例文数(月300円の有料版で118万文)の多さが一番のポイントですね。

TOEICの学習時などに知識が浅いと感じた単語をより深く理解するために、こちらのサイトを使って対象の単語の全ての品詞・語義・用例(例文・フレーズ)を確認しましょう。
問題集の解答・解説冊子に書いてある対訳を確認するだけの場合と比べて手間はかかりますがその単語に対する理解度の差は大きく変わってきます。何事もそうですが少しずつの積み重ねが最終的な結果に必ず表れてきますので手間を惜しまずに着実に単語の正確な理解のためのこうした作業を習慣づけていきましょう。

また、市販の英単語テキストを使って単語学習をする際に記載されている例文・フレーズの反復学習だけでは記憶しずらい場合はその語を使った他の用例をこうしたサイトで調べて書き足すことでより多くの文脈での用法が頭に入り記憶の強化や語の理解が進むのでお勧めです。
そうした例文・フレーズはご自身が理解しやすく、出来ればご自身の経験と関連付けられるようなものを選ぶと更に効果的です。また、音読やシャドーイングでの効果を考えると音声的に短時間で復唱できるような短いものがベストです。

Thesaurus.com

こちらはオンラインの類義語辞典です。
言い換え表現の理解がキーになってくるTOEICやその他の英語資格テストにおいて、単語を学習する際に類義語も同時におさえることは非常に有効です。
上の画像のように”issue”という一つの語でも品詞・語義別に類義語が記載されており関連度の表示もあり使いやすいですね。

Online Etymology Dictionary

こちらは英語の語源辞典です。
より対象の単語を本質的に理解したい場合に語源を調べることは非常に有効です。その過程で接頭辞や接尾辞などの形態素の知識もついてきますので、語彙習得の効率化にもつながりますし、知らない単語に遭遇した際に効果的に推測を行うことができます。
TOEIC等の英語資格テストでは分からない単語を語の構造から効果的に推測する力も正解を選ぶための大事なスキルです。

Google画像検索

皆さんGoogleの検索エンジンをよく利用されているかと思いますが、Googleの画像検索が実は英単語のイメージを掴むことに効果的です。
言葉を使った説明や知識以外にも画像イメージから得られる非言語的な情報も対象の単語を理解することに役立ちます。
例えば上の画像のようにTOEICでも頻出の”complimentary”を試しに画像検索してみると無料のWiFiや飲み物などの画像が出てきて単語のイメージやどういう場面で使われそうなのかが非常に捉えやすいですよね。そうした情報が単語に関連付けてインプットされていると読解・聴解時の理解促進に非常に効果的です。

Youglish

こちらのサイトでは更に動画を使って単語の理解促進を行うことができます。確認したい単語を入力し検索にかけるとその単語を使用しているYouTube動画の単語使用場面がピックアップされます。
上の画像では試しに”premise”という単語(覚えるのに苦戦する人が非常に多い単語です)を入力するとObama大統領のスピーチが使用例1つ目として出てきました。
アメリカ・イギリス・オーストラリアと国別に検索を絞ることもでき、発音確認の際にもよく使用するのですが(発音も大事な語彙知識です)、対象の単語がどのような場面でどういう風に使われているかを動画で確認することで得られる情報は単語の用法の理解に大いに役立ちます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
代表的な対訳を一つ覚えている程度の単語の知識ではリーディング・リスニング理解に十分に活用することやTOEICなどの英語資格テストで語彙問題を正確に解くことはなかなか難しいです。今後の学習ではぜひ単語の知識・理解の深さにも焦点を当ててこれらのWebサイトも活用しながら進めてみてください。
この記事で取り扱った単語にはあえて訳はつけていないので、ちょっと自信のない単語があればまずはそこから調べてみてください。

こちらのブログではこのように英語力を本質的に伸ばすための英語学習情報を中心に発信しています。最新の記事を常にチェックしたい方は画面下部のボタンから各SNSにいいねやアカウントのフォローをしていただくことでアップデートを受け取ることができます。

福岡のTOEICコーチングスクール【Rep】

筆者がコーチを務める福岡・博多の3ヵ月短期集中型TOEICコーチングスクールRepでは、3か月の短期集中型学習プログラムで基礎英語力の構築とTOEIC大幅スコアアップに徹底的に取り組んでいます。ぜひホームページをご覧になってください。専門の講師 (TOEIC990点満点・英語教授法修士号取得) と一緒に徹底的に鍛えるプログラムを準備してお待ちしております。
また、実際に3か月のプログラムを受講された方の「受講者の声」もあわせてご覧ください。

最新の記事情報が取得できます

「いいね!」ボタンを押すと、
最新情報がすぐに確認できるようになります。