【公式】Rep
account_circle

TOEICリスニング時の集中力について

多くのTOEIC受験者の方々から、「TOEICリスニングで最初から最後まで集中が持ちません」という悩みをよく聞きます。
確かに、緊張した空気の中で全100問・45分間のTOEICリスニングテスト時間中ずっと集中力を保つのは難しく、ところどころで気が抜けて聞き落してしまうこともあるでしょう。

そこで必ず私が聞き返すのが、「45分間通しでの練習ってやってますか?」という質問で、ほとんどの場合「いや、やってません」という回答が返ってきます。

実はいたってシンプルなことですが、練習でやっていないことは本番でなかなかうまくできるものではありません。
英語力とは直接関係ないですが、TOEICテスト受験の対策としては集中力を鍛えるためのトレーニングも必要となってきます。せっかく英語力を磨いても本番の集中力不足で思うように発揮できないのはもったいないですよね。
ご自身でそのための通しの練習を行う場合は、出来るだけ本番での集中に近い状況を作るために以下のように環境を整えて行ってください。

1. 内容

新形式のTOEIC公式問題集を使用。
せっかくなので出来る限りリスニングだけでなくリーディングも合わせて本番さながらに全体を通して行いましょう。

2. 時間

休日に実際のTOEICと全く同じ時間帯(13:00スタート)に行いましょう。
テスト日の全体的なシミュレーション的にも良いですし、リーディングでのタイムマネジメント対策もテストと同じ時間帯を使うことで最も効果的に行えます。

3. 場所やその他セッティング

自宅やその他、他人からの邪魔が入らない場所で行いましょう。
携帯電話もオフにし、身の回りもTOEICテストで使用するもののみ(筆記用具と時計)、その他の注意力を削ぐようなものは片づけておきましょう。
リスニングの音声はイヤホンでなく必ずスピーカーを使用してください。

4. 終了後は

テスト終了後は、できるだけ時間を空けずに(記憶が鮮明なうちに)全体の反省を書きとめ、答え合わせと復習に入ってください。

テスト実施後の反省の方法に関してはこちらの記事(「TOEICテスト直後にすべきこと」)にまとめていますのでご参考にしてください。

実際の本番のテストでは解答確認はできないので、またとない学習機会です。隅々まで念入りにチェックし誤答の原因を探ってください。そして、そこで明らかになった課題を以降の学習計画に生かしていってください。
テストを〇×だけつけて受けっぱなしにせず念入りに復習することは非常に大切です。復習の段階で必ず単語や表現などを一つ一つ確認して正しく理解する精読のフェーズを設けてください。その後にシャドーイングで素早い処理を磨くというやり方が非常に効果的です。

5. パート別対策 (Part 2)

ここまで全体的な対策について書きましたが、集中力切れで一番対策を聞かれることが多いPart 2についても書いておきます。Part 2は短文なので集中力切れで少しでも聞き逃しが起きると致命傷に繋がりやすいです。
対策としてはシンプルですが、以下の2点が挙げられます。

①発言の頭に意識を集中する

②悩み過ぎずに次の問題へ頭を切り替える

まず①に関しては、集中力の乱れによる聞き逃しは発言の冒頭部分で起こりやすいです。なのでたとえ一つ前の問題の解答に悩んでいたとしても、問題番号が読まれた瞬間には割り切ってマークをし、完全に頭を切り替えて発言の頭からの聴き取りに100%の意識を向けてください。これを徹底することで聞き逃しを大幅に減らすことができます。
さらに関連して、①を行うためには②のポイントを同時におさえる必要があります。例え一つ前の問題の解答が自信を持って選べなかったとしても次の問題の冒頭部分の聴き取りに100%フォーカスするためには、割り切って最善と思われる選択肢を選び、引きずって悩まないことが大事です。
冷静に自分の注意力と思考をコントロールすることは繰り返しの練習で可能になります。TOEIC公式問題集を使った練習時からこの2つのポイントを徹底して行いましょう。

まとめ

こうした本番を意識した練習で集中力を鍛えながら英語力の向上にも生かしていきましょう。
本番テストの前に最低2回はこうした練習を行うと良いでしょう。公式問題集1冊で2テスト分まかなうことができます。更にそれぞれの内容を1回ずつでなく2回・3回と繰り返して行うとより効果的です。
目標スコア取得期限までにある程度期間があるのであれば新形式の問題集計4冊(2018年6月14日時点)全てで同様に行っていきましょう。

毎日の英語力強化学習に加えて、リスニングでの集中力に課題を感じている方はぜひ公式問題集を購入して次の休日に通しのテスト練習を行ってみてください。

また、テスト本番は最大限の集中力を発揮する最大の練習機会です。
目標点数に達するまでは出来る限り毎回受けることをオススメします。

福岡のTOEICコーチングスクール【Rep】

筆者が指導を行っている福岡の3ヵ月短期集中型TOEICコーチングスクールRepでは、英語力の徹底強化のための学習方法指導に加えて、こういったTOEIC受験のための学習方法ももちろん念入りに指導します。
スコアUPに向けてしっかり取り組みたいとお考えの方はぜひホームページをご覧になってください。専門の講師 (TOEIC990点満点・英語教授法修士号取得) と一緒に徹底的に英語力を鍛えるプログラムを準備して真剣に伸ばしたいと考えている方をお待ちしております。
また、実際に3か月のプログラムを受講された方の「受講者の声」もあわせてご覧ください。

最新の記事情報が取得できます

「いいね!」ボタンを押すと、
最新情報がすぐに確認できるようになります。