【公式】Rep
account_circle

TOEIC問題解答に接続副詞の知識が必要な理由

①Part 5「接続詞 vs. 前置詞」問題対策

TOEICリーディングPart 5の文法問題の種類の中で「接続詞 vs. 前置詞」問題タイプは比較的頻繁に出題されるものとして皆さんご存知だと思います。
そうした「接続詞 vs. 前置詞」問題などの選択肢にはしばしば「接続副詞」が混ぜられていて、よく「接続詞だと思っていました」と勘違いされていることが多く見受けられます。

例えて言うと下のような意味的に同類な逆接タイプの接続詞・前置詞が並んだ選択肢の中に、意味は似ていても品詞・文法的な働きが接続詞とも前置詞とも違うDの接続副詞が混ざっているような状況です。

A) but (等位接続詞)

B) although (副詞節を導く従位接続詞)

C) despite (前置詞)

D) however (副詞)

意味云々ではなく、文法的に前置詞もしくは接続詞が解答として適切な問題ではこうした副詞を正しく品詞識別して解答候補から除外する必要があります。

接続詞・前置詞を全て覚えることはもちろんですが、更にこうした問題への対応力を完璧に仕上げたい場合はこれら接続副詞も全て覚えてしまいましょう。

②Part 6「空所補充・文章挿入」問題対策

接続副詞は文脈理解が重要なPart 6の空所補充でもよく問われるので、それぞれの接続副詞がどのような機能を持ってどのように文章を展開させていく働きがあるのかを正しくおさえることは非常に重要です。
是非以下の一覧の機能面も正しくおさえて、Part 6の空欄前後の文の関係性に合った接続副詞を選択できるようにしておきましょう。

接続副詞は更にPart 6の文章挿入問題で解答選択のキーワードになることもあるので習得しておいて損はないです。

接続副詞とは

文頭に置いて(時々文中にコンマで囲って挿入されることも)前の文脈とその接続副詞を含む文の論理展開を担う働きで使われます。

名前に「接続」とついていますがあくまでも「副詞」なので、接続詞のように直接節と節を繋げることはできません(セミコロンを使用する場合を除いて)。

また、前置詞とも違うので直後に名詞(句・節)を伴って句を作ることもありません。

基本的な用法としては以下の例文のように文頭に置いてコンマを打って(無い場合も)節が続くという形をとります。

For example, old clothing can be recycled.

以下の一覧で具体的に接続副詞の例を確認しましょう。

接続副詞一覧

機能 接続副詞 意味
追加 Additionally さらに
Also また
Besides さらに
Furthermore さらに
In addition さらに
Moreover さらに
(前述の原因・理由の)結果 Accordingly その結果
Consequently その結果
Hence したがって
Then その結果
Thereby それによって
Therefore したがって
Thus したがって
要点の明確化・説明(例示) For example 例えば
For instance 例えば
要点の明確化・説明(言い換え) Namely すなわち
That is すなわち
要点の明確化・説明(補足付加) Incidentally 因みに
要点の明確化・説明(事実付加) In fact 実際
事実として受容 Certainly 確かに
Indeed 確かに
類似 Likewise 同様に
Similarly 同様に
(前述の内容・予測・期待に)相反する結果 However しかしながら
Nevertheless それにもかかわらず
Nonetheless それにもかかわらず
Still それでも
Yet しかし
(前述の可能性や選択肢によって)結果が変わらないことを述べる Regardless いずれにせよ
否定の想定 Otherwise そうでなければ
対比 Meanwhile 一方
対比選択 Rather むしろ
代案・別方法 Alternatively あるいは
Instead 代わりに
結果・結論・纏めを述べる All in all 結局
In conclusion 結論として
In summary 要するに
概要・全体像を述べる Altogether 全体で
Overall 全体として
時間 At first 最初は
Meanwhile その間
Lately 最近
Now 現在
順序 First(ly) 最初に
Next 次に
Finally 最後に
Second(ly) 2番目に
Subsequently その後に
Then その次に

是非こちらのリストをPart 5/6の得点力アップのための学習に活用してください。

フラッシュカードアプリ「クイズレット」にこちらの接続副詞をセットとして作成していますので、是非コピーして反復学習に活用してください。
その他TOEIC自己学習に役立つセット集をこちらの記事にまとめています。

「英語学習へのクイズレット(フラッシュカードアプリ)活用のすすめとTOEIC実用セット集」

最後に、こうした英語学習記事の更新情報や関連ニュースを随時チェックしたい方は画面下部のSNSボタンからページのいいねやアカウントのフォローをよろしくお願いいたします。


福岡のTOEICコーチングスクール【Rep】

筆者(TOEIC990点満点25回以上・TESOL英語教授法修士号取得)指導をしている福岡のTOEICコーチングスクールRepではこうした語彙や文法などの基礎英語力の構築から読解・聴解のトレーニングや問題解答のための戦略的なリーディング・リスニングの手法まで総合的に身につけて頂く3ヵ月短期集中型のプログラムを提供しております。
ご自身のキャリアアップに向け大きく英語力やTOEICスコアを伸ばしたいという方はぜひホームページをご覧になってお気軽にお問い合わせください。
オンラインでのカウンセリングや受講も承っております。

また、実際にTOEICコーチングコースを受講された方の「受講者の声」もあわせてご覧ください。

最新の記事情報が取得できます

「いいね!」ボタンを押すと、
最新情報がすぐに確認できるようになります。